• Quality of Coffee Beans

    スペシャルティコーヒー

  • ワインを選ぶように、コーヒーを選ぶ。

    それがスペシャルティコーヒーです。

     

    一口にワインといっても、フランス、ドイツ、イタリアと、さまざまな生産国があり、それぞれに“お国柄”があります。

    ワイン好きの人なら、こうした国別の個性を飲み比べて楽しむ人も多いことでしょう。

    けれど、もっと深くワインを愛する人たちは、おなじフランス・ワインでも、ボルドーやブルゴーニュなどの

    生産地(ブドウの品種)にこだわり、ワイナリー(醸造所)まで吟味します。さらには天候に左右されやすい

    ブドウのでき映えを毎年確認し、年代ごとに変わる味わいまで記憶しています。

    この奥深い世界がワインの“”文化“を支えているのです。

    コーヒーにも、モカ、コロンビア、ブルーマウンテン、グアテマラなど、さまざまなストレート・コーヒーの

    種類があり、それぞれ豊かな個性を持っています。しかしながら、これはあくまでも出荷国、つまりワインで言えば

    フランス・ワインやドイツ・ワインといった分類でしかありません。ブドウとおなじくコーヒー豆も農産物ですから、

    さらに細かな品種があり、天候によって毎年のできが変化します。スペシャルティコーヒーとは、

    これまでおおざっぱな分類しかなかったコーヒーの個性をワインのように生産国の地域や農園まで明示することで、

    より深く味わうための“銘柄”なのです。

  • バーンホーフは日本スペシャルティコーヒー協会に

    加盟しています

    SCAJコーヒーマイスター 資格取得者 12名在籍
    SCAA/CQI Licensed Q Grader (Qグレーダー)
    資格取得者4名(安部愛・安部龍・安部羊・岡山恒三)
    SCAJアドバンスドコーヒーマイスター
    資格取得者3名(安部愛・安部龍・安部羊)
    マイスター12名

  • コーヒーを愛する心が生みだす絆。

    それもスペシャルティコーヒーです。

     

    スペシャルティコーヒーとして認められるには、伝統的なコーヒー豆であるアラビカ種に属する品種

    (ブルボン、ティピカ、カツーラなど)であり、農園や栽培地区が特定でき、栽培・精製(完成度、選別、乾燥など)

    の精度が高いことが条件です。つまり、コーヒー豆本来の伝統とテイストと、伝統の生産方法をしっかり守ることの

    できる農園で生産されたコーヒー豆であることが前提となるわけです。さらに毎年、その年のでき映えを判断するために

    カップ・テイスティングによる品評もおこなわれます。数々の厳しい条件に合格したコーヒー豆だけが、

    スペシャルティコーヒーとして市場に出荷されていくのです。

    こうしたスペシャルティコーヒーのシステムは、私たちにとって本当に美味しいコーヒーを安心して飲むための

    大切な基準です。さらに、良心的なコーヒー豆栽培をおこなっている農園にとっても経営の安定化につながり、

    品質の高いコーヒー豆を将来にわたって生産・供給できることにつながります。生産者から消費者まで、コーヒーを

    愛するすべての人が幸福な時間を共有できるような文化づくり・それもスペシャルティコーヒーの大切な目的なのです。

  • 美味しいコーヒーの淹れ方

  • Tutorial

    Lesson #1

    ペーパードリップ式の正しい抽出方法

  • The Classe

    コーヒーマイスターが教えるコーヒー教室「ザ・クラッセ」。

    ファクトリーストアで好評開催中!

    「Klasse(クラッセ)」(ドイツ語で「教室」という意味)と日々の暮らし(クラシ)の中に気軽に美味しいコーヒーを取り入れてもらいたいという 意味を込めて「クラッセ」と名づけられました。

    お友達同士など貸切グループ開催も受け付けています。

    スタッフまでお気軽にお問い合わせください。

    定期コーヒー教室 90min/¥3,000(コーヒーとオススメスイーツ付)

    TEL:06-6372-6651